花で街と人をつなぐ「フラワーロード」

街のあちこちで、その地域にお住まいの方たちによる道路花壇の取り組みが行われています。多くのみなさまにとって、花や緑を目にする一番身近なスポットかもしれません。
そしてこれらの取組みはとても身近で本当に地道(文字どおり!)な活動ですが、緑あふれる美しいまちづくりにつながっています。

2021.AUG

春光台フラワーロード

 旭川市春光台地域には、およそ4万株もの、マリーゴールドやサルビアなどで彩られた道路が広がっています。この取組みは「春光台フラワーロード」と名付けられ、30年近く続けられています。(令和元年はコロナ対策のため中止しました。)

これは「社会福祉法人北海道療育園」で作っている花苗を「鷹の巣福祉村地区市民委員会」「春光台中央地区市民員会」など地域住民組織や地域内にある学校、この地区で働いている人たちが協力して植付け、維持管理している取組です。

春光台は多くの福祉施設が集まっている地域で、福祉施設、地域にある学校、そして住民宅地を花で結び「地域を共に愛し、より良い環境を築いていく」という思いの具体化につながっています。
場 所:旭川市春光台一円
場 所:旭川市春光台一円

旭正フラワーロード

 旭川市東旭川町旭正地域では、農家の女性たちが主体となって沿線に花を植える「旭正フラワーロード」という活動を行っています。

 旭川ではまだ雪景色の3月頃から種を播き育てた苗は、田んぼの沿線を花で彩っています。取り組む皆さんにお話をお聞きすると、夏に見頃となった花々の写真を撮って、冬に『見せ合いっこ』するのだそうです。この道を通る人の「きれいですね」という言葉が活動の励みになっていると話してくれました。
場 所:旭川市東旭川町旭正 上8号線ほか
場 所:旭川市東旭川町旭正 上8号線ほか

旭星フラワーロード

 旭川市北門町から大町にかけての13丁目道路では、沿道の複数の町内会が協力して「旭星フラワーロード」として道路花壇づくりに取り組んでいます。
場 所:旭川市大町13丁目ほか
場 所:旭川市大町13丁目ほか

 このような道路花壇の取り組みは、各地で進められています。

 花株の植え付け、雑草取り、水やり、花後の処理などの作業があり、地域に暮らす人や地域で働く人によって手がけられています。関わる多くの人からは、これらの作業を続けていくことは大変ですが、「ありがとう」や「きれいですね」という言葉はうれしく、活動を続ける励みになるという話をお聞きします。

 みどりや自然とのふれあいは、多くの人の憩いや癒やしとなるとともに子どもたちの豊かな心を育て守ることにもつながり、地域を慈しみ大切にすることにもつながっています。

 道路花壇を見かけた際は、ぜひ、携わっている人に思いを馳せてみてください。